農業 収入保険制度

お世話になります、大分事務所の荒木です。

みなさんもすでにご存じの方も多いと思いますが、11月にまとめられた農業競争強化プログラムにおいて農業の収入保険制度が決まったようです。今回の保険制度は、災害補償だけでなく、価格低下による収入減少の補償の対象となるところがポイントです。
ただし、対象を青色申告している法人・個人としており加入申請時に最低1年・1期分の実績が必要となります。そのため、H30年に青色申告をするためには、平成29年3月15日までに「青色申告承認申請書」を提出し、青色申告での申告ができるようになっておかなれけばならないことなります。
※いままで白色申告をおこなっている事業者は、相応の書類の管理や会計処理(現金出納帳・固定資産台帳・売買掛金帳簿など)が求められるため、合わせて書類の管理や資金の管理も今のうちに整えておく方がいいと思います。

さらに、申告実績が5年未満の場合は、補償限度額が引き下げられるため、収入計画等を検討する際は要注意です。

これらも含めて、過去5年の対象となる平均収入を計算する必要があるため29年3月申告については、青色ではない場合も青色並みの体制を整えた方がいいと思われます。

詳しくは 農林水産省HP

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*