大分県・農業経営継続補助金上乗せ制度

お世話になっております、農業支援室です。

今週あたりから、農業の経営継続補助金の1次応募の正式な採択通知が届いていることかと思います。
申請内容のうち、一部対象外となっているものもあるようですので、通知をよく確認いただき購入等をお願いします。

また、正式な採択に伴い、大分県では上乗せとして、独自の助成があります。

正式名称”農林業業者継続緊急支援事業費補助金”です。

対象となるのは、➀国の農林行業者経営継続補助金事業の採択されたもの
②補助金を活用し、県が推進するスマート技術を導入する農林業業者

対象となる経費はとしては、国の採択を受けた 経営継続に関する取組に要する経費(上限100万)のうち6分の1以内(国の交付決定額の9分の2額

 

例として、 経営継続補助金の場合
133.3万円の機械・設備等を購入した場合、国庫補助が100万(4分の3)となり、

大分県が、22.2万(133.3万円×1/6) となります。
これにより、農林業業者の実質の負担は、11.1万円前後となります。

そして、国の経営継続補助金の2次応募も始まっております。締め切りが11月19日です(事前の支援機関の認定工程がありますので、2,3日余裕をもってください)、お早めに準備ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*