農地課税のゆくえ

お世話になります、大分事務所の荒木です。

先日まで夏にしては寒かったのがうそのように炎天が続いており、みなさんも熱中症等対策に
苦慮されていることかと思います。

さて、先日報道がありました農地課税について少しお話したいと思います。

まだ政府内部でも検討中ということで、すぐさま課税制度が変わる可能性はないと思います
具体的には放棄地への課税強化と中間管理機構等への貸付の減税のセットで、
農地の流動化を進めていくものですが、農家の方への負担等慎重に判断されているということだと思います。

しかしながら、この流れについてはもはや止まることはないと(信じたいとこです・・・)
思います。なぜならば、TPP問題もしかりですが、経済全体を考えた時に、農業に限らず資産が遊休のまま停滞するということはマイナスでしかないです。
ゆえに、眠っている農地の再活用は、喫緊の課題といえるでしょう。
問題は山積みですが、まずは意欲がある方が農地を活用できる体制を作ることが重要だと思います。
お盆を機にご実家に帰ると、耕作放棄地に悩むご家族や親族にお会いされることと思いますので
一度この問題についてぜひ触れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*