農業簿記検定

こんにちは。
大分農業経営支援センターの外池でございます。
農業に携わっておられる皆様方、毎日本当にご苦労様です。

当センターは文字通り、農業を経営の面からサポートさせていただくことを目的とさせていただいておりますが、その中でも「税務・会計」については最も基本的な位置付けとしてサポートしていく分野だと認識しております。

このたび当センターを開設するにあたり、呼び水的な行動として、このほど新しく「農業簿記検定」が設立されたとのことなので、「どんなもんやろか」というのを確かめたい気持ちもあったので、同僚の荒木と受験しに行ってきました。

実のところ、商業簿記や工業簿記のような定義レベルでの農業簿記というのはこれまで確立されてなかったようです。検定試験もまだ第2回ということもあり2級と3級しかなく、1級はまだありません。…1級があったら、当然受験してますが…(笑)

というわけで、さしあたりとして2級を受験しましたが、それでもまずまずのレベルだったと思います。農業会計の独自的な部分とかを再確認できた意味で改めていい勉強になりました。

結果は・・・
HPでの解答合わせしたところではもちろん合格してましたが、立場的に100点満点でないのが悔しかったです・・・。
サポートさせていただくには我々もまだまだ自己研鑽が必要です。

精一杯努力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*