次世代農業に対する期待

お世話になります、大分事務所の荒木です。

最近スマートアグリに関する情報が増えてきて、大手電気業界が相次いで参入してきているのは、
昨年の外池の記事にも登場したところではありますが、キーワードでネットを見ていると
興味深い情報がありましたので、ご紹介を兼ねて雑言させていただきます。

それは、日刊工業新聞社主催のスマートコミュニティJAPAN2015と題して、東京のビックサイトで
6月17日から19日まで行われるようで、2010年から5回目の開催となり出展企業・団体も九州の
有名団体もちらほらとあります。その中で注目しましたのは、大分の九重町です。
農林水産省の次世代施設園芸導入加速支援事業として、平成26年度新規採用事業として、温泉熱を利用したパプリカの生産を栽培面積2.4haで取組をしているようです。

これは、一度行って見なくてはと!大変興味深かったのでご紹介させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*